最新はオールオン4とジルコニア!詳しくは歯医者へ

歯医者 歯がすべて抜け落ちても入れ歯はしたくない方には、インプラントが現実的な治療法になります。
インプラントには科学的に安定しており、腐食の心配もないのでチタン素材が使用されているのです。
しかし人工歯根を歯茎に留置する関係上、従来の方法では抜歯なども含めて治療回数も多くなり肉体的負担も経済的出費も相当なものでした。
チタン素材のインプラントを、歯茎に設置しても安定するまで時間が必要で、短期間で治療を完遂するのも困難だったのも事実です。
このような従前のインプラント治療の問題点を改善し、より短期間で負担軽減もはかられた治療がオールオン4です。

オールオン4とは、歯周病や事故などで歯をすべてなくした方や多数の歯が欠損した場合に、4本のインプラントを適切な部位に移植し、連結した人口歯で咀嚼機能を回復する治療法を指します。
手術当日すぐに人口歯を装着するので、すぐに噛むことが出来るので、治療回数も一回で済ませることが出来るだけでなく、短時間で咀嚼機能の回復をはかることが出来るのです。
オールオン4が優れているのは、歯槽骨が薄く従来はインプラント治療を行う前に大量の骨移植手術を行わない限り、あきらめるほかなかった状態でも、咀嚼機能回復を期することが出来る点にあります。

オールオン4で安定した人工歯根を実現することが出来ても、人口歯の出来が外的印象を大きく作用し、十分な強度を持たなければ断裂するなどのトラブルにも遭遇することになりかねません。
機能面からも審美面からも人口歯の素材の善し悪しも、オールオン4の治療の成否に影響を与えます。
最先端の素材を使用している為話題なのが、ジルコニアです。

ジルコニアとは丈夫で強度の高いセラミック素材です。
今までの歯科治療では金属やセラミックが長らく使用されてきました。
しかし金属素材では溶かし出した成分が周囲の歯を変色させることがあり、一般的なセラミック素材では強度が足りず強く噛むことは出来ない、といった問題点を抱えていました。

この点、ジルコニアならセラミックでありながらも金属並みの強度を持っているので強く咀嚼しても強度不足で割れてしまう懸念はありません。
近年ジルコニアを扱う歯医者が増えてきています。
また金属素材を使用すると自然歯との違いは一目瞭然でした。
奥歯であっても笑えば、外部から観察することも可能だったのです。
ジルコニアなら白い素材なので口の中にあっても印象が自然で、人工歯とは一見して判別することが出来ないほどです。
オールオン4とジルコニア製の人工歯を組み合わせることで、見た目も機能面も満足できる結果を期待できる訳です。

〇インプラント治療に関して詳しく知りたい方はこちら
オールオン4のインプラント治療を行いたい方におすすめの歯医者があります。
徳島の歯医者は最新のCT検査を行えるので安心して治療を受けることが可能です。