ガムリーピングという手法で歯茎もキレイになる

女性であればきれいな笑顔に憧れる方が多いと思います。
軽く開けた口元から白い歯が覗くと健康的で感じがよく見られます。
でも食べ物が原因で歯のエナメル質には様々な色が付着して着色汚れが起こります。
改善するためには、クリーニングなどの対応が必要です。

口元をきれいに見せる方法としてガムリーピングと言うものがあります。
漂白剤を使って歯を白くきれいにすることも大事ですが、歯茎がくすんでいては意味がありません。
それをきれいに見せるために行われる口内の美容のことを言います。
健康的な笑顔のためには健康的な歯茎が不可欠なので必要な施術です。

普段生活していると食事や喫煙などによって歯のエナメル質に着色汚れが発生します。
きれいにするためには過酸化水素や過酸化尿素などの漂白剤が使われます。
過酸化水素は濃度によってやけどなどの危険があるため歯科医院で使用します。
自宅で使用するためには過酸化尿素が使用されます。
過酸化水素と比べると濃度が薄いため扱いが容易になります。
これらの漂白剤は汚れを分解して歯を白くすることが可能です。

歯茎も日頃の色素沈着が原因で黒ずんでしまいます。
健康的な時にはピンク色をしていますが、そうでない場合は黒くくすんでしまうので見た目が良くありませんし、歯が白くなると余計に気になるようになります。
そのために歯茎もきれいにしたいと考える人が増えています。
そこで行われるのがガムリーピングです。

ガムリーピングは色素を取り除くために薬剤やレーザー、外科的な手術によって汚れた薄皮を取り除く方法です。
薬剤の場合はエタノールやフェノールを歯茎に塗布する方法です。
表面が白くなって数日後に薄皮が剥がれます。
1回で取りきれないので何度か繰り返し行います。
レーザーを黒ずみに照射することで除去していきます。
施術中は麻酔をかけるので痛みはありません。
少しずつレーザーを当てていくため何度か通院する必要があります。
最も直接的な方法は外科的な手術です。
黒ずんだ部分を剥がし取ってきれいな粘膜にします。

いずれの方法も一度で終わることはなく複数回行う必要があります。
一度きれいになった後はしばらく維持されます。
あとは日頃のケアが重要になります。
タバコを吸う人は黒ずみやすい傾向があります。
また、銀歯のある人も金属がイオン化して色素沈着しやすいと言われています。
気になるようになったら同じようにガムリーピングを行うことできれいな歯茎が手に入ります。